ネットワーク技術者に必要となるスキル

Home » ネットワーク技術者に必要となるスキル

ネットワーク関連の技術者として働きたいと考える場合には、どういったレベルで仕事をしたいのかということを考えることが大切です。広くネットワーク技術者という言葉が使われているものの、職務内容に含まれる幅が非常に広く、それに応じて必要となる職能も違うからです。

IT系企業において最新のネットワーク技術の開発やネットワークシステムの開発に携わりたいという場合にはもっとも高いレベルになり、基本的なシステムエンジニアとしての素養に加えて、コンピューターとコンピューターやサーバー等をつなぐハード面についての理解も必要になります。既存のネットワークシステムについての理解や抱えられている問題についての理解を深めていくことも重要であり、常に新しい知識の習得も求められることになります。PHPやJavaなどのプログラミング言語についての理解も大きなプラスになるでしょう。

一方、一般的な企業において業務を行うという場合には少し職務の幅や内容が異なります。インフラエンジニアと類似の社内情報システムの維持管理及び開発に携わる場合もありますし、顧客のもとに派遣されてパソコンや周辺機器のネットワーク環境を整える程度のものあります。顧客の要望を実現するネットワーク環境を作り出すということが仕事となり、必要に応じてプラットフォームの構築などを行うプログラミング能力も要求されます。実際にやりたい仕事を考えた上でそれに必要な職能を身につけ、それが実現できる企業を選ぶのがネットワーク技術者にとって大切でしょう。